不動産鑑定士の仕事と土地の価格について

不動産鑑定士は建物や土地などの不動産について、公平で適正な評価を行います。不動産鑑定士は厳しい資格試験を突破した国家資格で、知識とスキルで適正な査定を行うことにより、健全で公平な地価を形成します。不動産についての専門知識を持ち、コンサルティングとしても活躍します。

不動産鑑定士の主な仕事は土地の鑑定ですが、これは民間企業や個人の他、公的機関からも依頼を受けて行うことがあります。民間企業や個人からの依頼としては不動産の売買に関連する地価の鑑定や、抵当権に関連する鑑定、複数の会社が合併する場合に行われる資産のうちの不動産鑑定などが挙げられます。

公的機関からの依頼としては、行政が競売を行う際の鑑定や、国有財産のうち不動産についての鑑定などが存在します。

身近な例としては、賃貸アパートや賃貸マンションの家賃設定などにも不動産鑑定士の鑑定が反映されます。

プロフェッショナルとしての知識を持つ不動産鑑定士が公正な鑑定を行うことにより、不動産会社や貸主は適正な価格を提示できます。不動産鑑定士は不動産鑑定業として個人で事務所を開くこともあり、この場合には不動産鑑定業者として都道府県に登録を行う必要があります。

土地・不動産の無料一括見積もりはコチラ

土地・不動産の無料一括見積もりはコチラ